提出しなければならない書類を知っておく

利用限度額の状況によっては、提出しなければならない書類が出てきます。収入証明として何を提出すればいいのかわからないかもしれませんが、基本的に源泉徴収票を提出しておけば問題ありません。この書類には年収が掲載されているので、これだけを見れば収入があるかの判断ができます。しかし源泉徴収を失くしてしまった方も沢山いると思うので、他の書類を提出することも可能であることを知ってほしいです。

他に認められる物としては、給料明細が挙げられます。給料明細は単純な計算によって、ある程度の収入を判断出来るようになります。しかし給料明細を1枚出しただけでは認められることはありません。認められるのは最低でも2ヶ月分、場合によっては3ヶ月以上の提出を要求されます。こうして毎月仕事をしていることの判断と、安定して収入があることを判断します。これは夜の仕事をしている方が、1ヶ月だけ収入が多い状態で借りることを避けるためでもあります。

また提出する書類は最新のもので無ければならず、提出する前の月の給料明細や、前年度の源泉徴収票を提出することになります。それ以外の書類を提出した場合は再提出を要求され、出来ないなら審査に落とされてしまいます。

関連記事

このページの先頭へ