確認電話のやり取りとその有無

キャッシングの新規申込をすると、たいてい勤め先への架電があります。そして申込を検討している方の中には、その電話の内容が気になっていることがあります。

金融会社からの電話は、本当に簡単なものになります。単純に勤めている事実を確認するのが目的なので、30秒もかからないやり取りになっている事が多いです。

金融会社からの電話での言い方としては「佐藤と申しますが、Aさんはおいででしょうか」などと話します。その際にAさんが留守にしていると、たいてい会社の方々は席を外しています等と回答します。その一言はAさんは会社に勤めている事を示していますので、それで事実確認が取れた事になります。

ちなみに上記のやり取りですが、金融会社は社名を名乗っていませんね。それも金融会社会社次第です。かなり知名度が高い会社の場合、社名を堂々と名乗る事もあります。大きな銀行などの場合は、それを名乗っているのですが。

ただ「全て」金融会社が電話をしている訳ではありません。中にはその電話が来ない会社もあるのです。ある金融会社の場合は電話でのやり取りは無く、書面で確認をしているからです。中にはその書面のやり取りさえ無い会社もありますので、金融会社によって様々という事になります。

関連記事

    提出しなければならない書類を知っておく

    利用限度額の状況によっては、提出しなければならない書類が出てきます。収入証明として何を提出すればいいのかわからないかもしれませんが、基本的に源泉徴収票を提出しておけば問題ありません。この書類には年収が掲載されているので、これだけを見れば収入があるかの判断ができます。しかし源泉徴収を失くしてし... 記事を読む

このページの先頭へ