確認電話のやり取りとその有無

キャッシングの新規申込をすると、たいてい勤め先への架電があります。そして申込を検討している方の中には、その電話の内容が気になっていることがあります。

金融会社からの電話は、本当に簡単なものになります。単純に勤めている事実を確認するのが目的なので、30秒もかからないやり取りになっている事が多いです。

金融会社からの電話での言い方としては「佐藤と申しますが、Aさんはおいででしょうか」などと話します。その際にAさんが留守にしていると、たいてい会社の方々は席を外しています等と回答します。その一言はAさんは会社に勤めている事を示していますので、それで事実確認が取れた事になります。

ちなみに上記のやり取りですが、金融会社は社名を名乗っていませんね。それも金融会社会社次第です。かなり知名度が高い会社の場合、社名を堂々と名乗る事もあります。大きな銀行などの場合は、それを名乗っているのですが。

ただ「全て」金融会社が電話をしている訳ではありません。中にはその電話が来ない会社もあるのです。ある金融会社の場合は電話でのやり取りは無く、書面で確認をしているからです。中にはその書面のやり取りさえ無い会社もありますので、金融会社によって様々という事になります。

関連記事

このページの先頭へ